スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

尊敬できる人は誠実な人。

私がわからないのは、安倍晋三と言う人が、この国をどんな国にしようと思っているのか、ということ。
例えば、籠池氏の教育方法に夫妻で感激したとか。
明治の時代なのか、わからないが戦前への回帰をしたがっているとか。
直接ではなく、新聞やユースで聞くようなことだけど。

すべて、直接本人が主権者である国民に訴えないことばかり。
だから私は推測し、想像するしかありません。
明治の時代に人力車で生計を立てる人達がいた。
食事はご飯と梅干しという粗末な食事をしながら。
いっぽう、その人力車にふんぞり返る種類の地位の高い層の人たちがいた。
そんな、明治の時代がいい時代だと彼には思われるのだろうか。

彼の人事を見ても、世襲の人が多い。
例えば、彼のお父さんや、おじいさんとのつながりがある人を起用したがる。
ひょっとしたら、明治の時代のように格差はあったほうがいい。
それも大きな格差が、そう思っているかも知れない。

彼の経済対策を見ても、そういうところがよくわかる。
でも、総理は口が裂けても言わない。
それは、国民の考えと真っ向から異なるからでしょう。
自分が政権を維持するためには、自分の信念も隠し通す。
そうゆう狡猾なところが、透けて見えるような気がしてきます。

見つかったら隠し通すこと、そのためには嘘もつく。
不利になるような記録は、決済後でも書き換え、改ざんもする。
しかし、なぜか彼の支持率は高い。
ジャーナリストたちは、彼に呼ばれるとホイホイとついて行って一緒に食事を楽しむ。
こうして、かいま見える情報を集めると、段々と空恐ろしくなる。
この国の未来がどうなるのだろうか。

僕には子供が3人いる。
だから未来に責任を持たないわけにゆかない。
だから、一番大事なことは平和です。
子供の命が失われるようなことは、絶対に防ぎたい。
最優先事項が平和です。

子供のいない、もう子供に恵まれることのない総理夫妻。
彼らの最優先事項は平和ではないように見える。
たぶん、日本の経済、外交、防衛と、自分の名誉が先にある。
そして、その次ぐらいに平和や人権が来るのだろうと推測する。
想像の域で思っていることだから、違うかも知れないが。
しかし、国民にほんとうのことを訴え、示さないから私は想像するしかない。

いまの中学校の道徳の教科書に、安倍総理の写真が載っているらしい。
写真を見る限り、この国のものづくりをたたえている映像だと思う。
しかし、道徳という教育の場に、自分の写真を載せてなんとも思わないのだろうか。
もっと言うと、この総理に道徳を語る資格があるのだろうかとさえ思ってしまう。

人並みに良心の呵責も感じることができ、罪の意識も感じることができるような倫理観のある人。
この国のトップであるなら、恥ずかしくない、尊敬できる人になってほしいのです。

メダカ

JUGEMテーマ:めだか メダカ

 

庭に数個のバケツを並べている。
野ざらしだ。
すると、ボウフラがたくさん湧いている。
そこで、メダカの成魚をすくって数匹投げ込んでいる。
ボウフラは驚いて逃げるけど、メダカは喜々として追っかけて食べてくれる。
しかし、全部食べてくれるわけでもない。
ボウフラの中には、底に沈んで隠れてしまう。
どのくらい時間を置けば、息が苦しくなるのだろうか。
時々見つかって食べられるものがいる。
しかし、いくら待っても沈んだままのボウフラもいるようだ。
頭の上で泳ぎ回るメダカを警戒しているのだろう。
今日のメダカの餌はこのくらいで良しとしよう。

人間と同じて、腹八分くらいが元気に育つ。
餌を与えすぎると、水も濁るので良くない。
以前、川の水を汲んでスイレン鉢に入れた。
その時、水草の種でも混ざったいたのだろうか。
いまは名前のわからない水草が繁茂してきた。

この水草の影響だろうか、水も澄んでいる。
こっちのスイレン鉢には、採卵して針子になった稚魚が泳いでいる。
数えるのも難しいぐらいの数だ。
同じ頃に採卵し、孵化したはずなのに、だいぶ成長に開きが出てきた。
もうしばらくしたら、大きいものだけを分けて育てなければならないようだ。
そうしないと、大きいメダカが小さいメダカを食ってしまうらしい。

でもこの稚魚のメダカが大きくなったら、容器が不足すると思う。
大きさで分けずに、しばらくは個体の数を減らそうかとも思っている。
共食いといえば、残酷ではあるけど。
でも知らないところですでに行われているかもしれない。
ただ気づかなかっただけで。
しばらくは老後の楽しみでメダカの飼育を続けてみます。

優先順位

今の政権に先ずやってほしいこと。
今の安倍政権は、カジノだとか、労働者いじめ、そんなことに力を入れている。
しかし、今の日本は絶対に逃げられない危険が待ち受けている。
それが地震ですよ。
南海トラフにしろ、直下型地震にしろ間違いなくやってくるわけです。
すでに死者がこれだけとか、被害総額がこれだけとか試算している。
だったら、この被害をできるだけ少なくすることが一番大事な仕事ではないでしょうか。

 

原発のエネルギー転換も待ったなしです。
津波対策も東北だけではありません。
今回の小学校のブロック倒壊事故にしても、想定外ではすみません。
もっと防災に力を入れて、それを景気回復の動力にして欲しい。
国民の命を災害から守るために、考えられる叡智を集めて、そっちに経費をかけてください。


天災は有事と違って、必ず訪れるのです。
自衛隊の夜間訓練より、防災対策が先なのです。

 

 

次世代

JUGEMテーマ:パソコン

LEDと電波時計のこと。
別に関係性はありません。
ただ、その恩恵に浸っています。


晩酌をしてから寝ると、夜中に尿意を覚えて起きます。
そうゆうときには、単三電池一個だけの小さなライトを使います。
大きな電灯はまぶしすぎるのです。
ボヤーッとした小さな明かりが目にやさしい。
そこでLEDライトを持ってトイレに行きます。
昔の懐中電灯に比べたら、電池の持ちが良すぎます。
感謝です。

 

昨日、96歳の母を老人ホームに見舞いに行きました。
車がないので、バイクにまたがって。
ちょっと梅雨の中休みを利用して走りました。
すると、老人ホームで誕生会があってこれを貰ったと言います。
四角い箱を開けてみると、電波時計、それも壁掛け式の大きな時計。
ちょうどうちの時計が壊れていたので、早速貰って掛けました。
この電波時計もすごいです。
電池を入れると、すぐに時計の針が回り出します。
それもすごい速さで。
そして12時のところに来て止まりました。
そのまま電波を受信しているようです。
数分すると、また針が動き出して正確な今の時間に来て止まりました。

 

もう、時計の針を合わせたりする必要はありません。

昭和の時代には、時計の時刻を合わせたり、ゼンマイを巻いたりする係がいた。
一番背の高い父親の仕事だったかも知れない。
父親が年をとってくると、高いところは危険だからと言って、長男らの仕事になった。

 

そう言えば、昔のパソコンは時間が正確ではなかった。
そうか、スタンドアローンだったから狂ってきたりしていた。
今のパソコンは時計を合わせる必要はない。
OSが自分でネットにアクセスして拾ってくるのでしょうか。
それともブラウザでしょうか。
詳しいことは知りません。

 

まっ、いずれにしろ時代は進んでいるのです。
私が生きているうちに、車の自動運転は普及してくるのでしょうか。
自動運転と手動運転が混在している頃に、おさらばかも知れない。
その頃はIoTとかも進んでいるだろうし。
どんな時代か、面白そうだ。

 

原発は要らない。

JUGEMテーマ:ニュース

原子炉という仕組みは、例えば車のエンジンのようにスイッチを切れば止まる仕組みではないのです。

スイッチを切っても他からのエネルギーを必要とします。

そして、他からのエネルギーが途絶えるとメルトダウンを起こし、チェルノブイリ事故や福島原発事故のようになるのです。

 

エネルギーを生み出す装置として、危険なときはスイッチを切れば済むわけではないということ。

このことをみんなは知りません。

原発ができる前までは、発電というものは普通に出来ていました。

なんの危険性もなく。

難しい仕組みは必要なかった。

 

ところが原発という仕組みを導入してから、たかが発電のためなのに信じられない莫大な危険を負うことになった。

いまの福島原発事故の実態を知れば知るほど、日本人は過ちを犯したことが理解できます。

なのに、いまでも一切事故から学ぼうとせずに、使用期限を過ぎた原発まで動かし続けようとしています。

日本人ってこんなに愚かな国民だったのだろうか。

違います。

 

間違ったら改めることができるはずです。

原発で大きなお金や既得権が生まれていても、それを変えることはできるはずです。

もう二度と原発事故はごめんです。

そのために国民ができることは一つです。

原発に反対することです。

 

 

拉致問題に残された時間はありません。

サービス業で働いた経験のある人なら知っています。
お客様からのクレームをなくすことはできません。

どうしても、クレームは発生します。
そうゆうときは、どうゆう対応をすればいいのか。
このことはサービス業を経験したことのある人はみんな知っているはずです。

 

まずは、応対する時間を変えること。
そして、対応場所も変えること。
最後に、対応する人を変えること。

この3つが必要です。

 

日本には拉致問題というとても重要な課題があります。
この5年間、何も変わってきませんでした。
どうしてかというと、安倍捏三という人が変わらないからです。
この人を変えないと、拉致問題に決着はつきません。

 

拉致被害者の方々は、そのことを知るべきです。
そして声を上げるべきです。
もう時間はありません。

明らかにおかしい。

今の安倍政権は、これまで嘘、偽り、改ざん、捏造、隠蔽、などを何のためらいもなく、当たり前の手段として使っってきた。

その上に、今回は賭博という犯罪も容認できる法律を作ってしまった。

誠に恐るべき政権に成り下がってしまった。 

また、その妻である昭恵夫人は大麻という麻薬まで肯定している。

一体この国はどうなったんだろうか。

私には国民が、簡単な善と悪というものがわからなくなってきたとしか思えない。

トランプと安倍

JUGEMテーマ:政治全般〜国会・内閣・行政

 

トランプ大統領という人が少しわかりかけてきた。
トランプは、複数の人と協議することができない。
彼が得意とするのは、一対一の取引だけ。

 

今回の米朝会談にしても、金正恩という独裁者との一対一の取り引きを演出しただけ。
そして彼は、演出として、文書にサインをすることに力を注ぐ。
中身なんてどうでもいいのだ。

 

文書に重きをおかない性格は、安倍捏三と同じ。
公文書が決済された後も、書き換え、捏造、破棄する。
そのへんは二人共、よく似通ったところがある。

 

ピラミッド

男どもは生まれてからずっと、ピラミッドの中で生きてきたんだよね。
そのピラミッドの中から抜け駆けすることは許されなかった。
どれほど傷ついても、どれほど濡れ衣を着せられてもピラミッドの中から外には出られなかった。
ピラミッドが絶対だったんだ。
ピラミッドから外に出る方法はただ一つ。
自分で自分の命を断つしかない。

 

現在でも同じことは続いている。
国の組織である、財務省の中でも命を断ったものがいる。
しかし、周囲や上司は、何事もなかったかのように振る舞う。
自分で負けたら負けたほうが悪いと。
お前はただの負け犬でしかないと。

 

ピラミッドの上に立つためには、嘘なんて、偽りなんて当たり前。

改竄や捏造も見つからなければやったもん勝ち。

結果によって力を誇示したほうが恵まれる。
おおきな権力を得たら、権力者に歯向かうものは粛清される。
大事な命までもが、いとも簡単に晒される。

 

それでも力で国は動く。
悲しいけど、力に正義は勝てない。

 

昨日は米朝会談で賑やかでした。

昨日の米朝会談は大きなニュースになっていました。
世界中が注目していた。
平和になることは、みんなが望むことです。
危機を煽ることで、軍備や武器を増やしたい人たちは置いといて。
平和が一番です。


世界の平和に力を注げないトップは無用です。
トランプ大統領、金正恩、韓国の文、習近平。
今回、この4人が平和に貢献したように見えました。

 

このニュースの影で、種子島からロケットが打ち上げられました。
これも成功しました。
このロケットは偵察衛星です。
近隣の国が、自分の国を宇宙から偵察すると、偵察された方はいい気持ちはしないでしょう。
まるで、お隣さんからいつも覗かれているようで、気分が悪いはず。
偵察するのは、あなたのうちが何をするかわからなくて怖いからです。
といって、自分のすることを肯定するのですかね。

こうやって疑うことから始めないと、今の安全は保証されないのでしょうか。
これが文明の発展には必要なんでしょうか。
どうやら性悪説に基づいているようです。
キレイ事では済まないよ、ということみたいです。

 

それにしても、今回の金正恩は思い切った行動をとりました。
彼の親父さんではできなかった、勇断とでも言ったらいいのかな。
彼をこれまで、見限っていました。
自分だけ美味しいものを食べて、ブクブク太っているものと思っていました。
たぶん、自分の今の体制を守りたいということが根幹ではあったのでしょうけど。
韓国大統領の金正恩への親書には何が書いてあったのでしょうか。
いちど、読んでみたいです。

 

この間、日本のトップは未熟なデーターや改ざんしたデーターに基づいた、働き方改革とか、モリカケ問題とか、カジノを作るとか。

そうゆうことで一生懸命でした。
そう考えてみたら、情けない気持ちになります。
見え透いた嘘偽りで自分と妻と取り巻きやお友達を守ることに必死みたい。

この国にどんな未来が見えるのか、悲しい気持ちになってしまいます。